専門分野の曖昧化とビジネスの境界値問題

メリークリスマスです。
それからデザイン代表、デザイナーの佐野彰彦です。
2016年もあと数日となりました。来年はもう少しブログの更新頻度を上げていきたいと思っております。あまり思うように投稿できなかった自分への戒め、来年への決意も込めて、年内にもうひとつくらいは書こうかなと。

さて、今年もいろいろなブランディングプロジェクトにチャンレンジしてきました。その中でも、特に意識してきたのが、ひとつひとつの仕事に対し、より深く、広義的なかかわり方をすること。
たとえば、クライアントとともに新ブランドを開発することや、既成概念にとらわれずに新しいビジネスモデルを構築することです。たとえば、昨年より取り組んでいる「ペインティングウォール」のブランディングでは、元々BtoBの商品であったペイント下地工法を応用した、BtoCモデルの製品を企画し、ブランド構築を意識したデザインワークを行ってきました。結果として2年連続でグッドデザイン賞をいただいたり、DIYシーンからの需要拡大など成果を着実に積み上げることができました。デザイナーとして文字通り、クライアントと二人三脚の取り組みをしています。

 

「ペインティングウォール」ウェブサイト
 
壁をもっと楽しく、もっと自由に。「ペインティングウォール」ウェブサイト

 
 

ビルクリーニングの専門会社「トライテクノス」では、2年前より取り組んできたコーポレートブランディングが大きな開花の時期を迎えました。同社の強みは、高い清掃技術のほか、様々な汚れに幅広く対応できるプロ仕様の清掃機器や道具を数多く保有していること、そしてその清掃用品の販売も手掛けていることです。今年はテレビ朝日の人気番組「いきなり!黄金伝説」でも同社が2回に渡り紹介されました。同社の強みをさらに活かすべく、プロも使う清掃用品を、コンシューマー向けにパッケージングし、家庭用の清掃アイテムとして直販する新しいビジネスモデルにチャレンジしています。

 

20161224-02
 
楽しくオシャレに掃除しよう。「トライテクノス ETTORE」ECサイト

 
 

また、私たちの自社サービス開発事業でも様々な挑戦をしています。簡単にホームページがつくれるツール「とりあえずHP」では、オプションサービスの開発に集中してきました。これまでは、ユーザーが約200種類の中から、好みのテンプレートを選択し、文字や写真をはめ込んでいくクラウド型サービスに特化していましたが、今年は「テンプレートオーダーサービス」を新設。自分だけの個性的なテンプレートを求めるユーザーに対応し、予算に限りのある個人事業主や小規模事業者にもオリジナルデザインを提供できる仕組みを構築しています。

 

20161224-03
 
とりあえずHP「テンプレートオーダーサービス」ウェブサイト

 
 

その他、進行中のブランディングプロジェクトは、現在4つほど。来春には非常に面白い、ブランドデザインの新作が発表できるかと思います。

上記で紹介した3つの事例にも共通しますが、今、ほとんどの業界では、これまでの商流や業種のセグメンテーションが流動的になっていると実感します。たとえば、BtoB企業が、BtoC商品を企画製造して直販モデルにチャレンジするケースはとても増えていると思います。物流においては、メーカーと卸と小売などの守備範囲などは、どんどんあいまいになっています。食品業界でも、六次産業化などといわれるように、生産者が加工などを行って、消費者へ直販するケースもあれば、小売店がプライベートブランドを立ち上げ、商品企画を行うなど、生産から販売までの商流は常識というものがなくなっているように感じます。このような流れが加速しているのは、インターネットやウェブの普及と密接に関係しているのは自明の理です。

特に今年は、「これまでとは違うビジネスモデルに挑戦したい。そのためにはブランディングやデザインやウェブの力が必要だ」という経営者や事業トップの方からの相談が多かったです。マーケティング重視の時代から、デザインを実用としてビジネス活用しようという時代へ動いてきていること、そして、ウェブの重要性にいよいよトップ層が目を向け、行動を起こし始めているということだと実感しています。

その意味において、私たちクリエイターは、より経営にコミットするデザインへと学びを深めていく必要があるし、同時に、私たちの業界もご多分に漏れず、デザインとコンサルティング、グラフィックとウェブ、マーケティングとブランディングなど、その境界線は確実にあいまいになっており、変革と再編成の時代を迎えていると感じます。

そして、私が代表を務めている株式会社それからデザインも、これからの時代を見据えて、今一度、私たちが提供できる価値とは何か、これから必要なクリエイティブとは何か、そして自分自身が何をしていきたいのか、それを深く見つめ直し、リスタートを切らなくてはならないと考えています。

大きな宿題となりますが、この年末年始で、じっくりと考えてみたいと思っています。

2016-12-24 | Posted in ウェブのこと, ブランディングのことComments Closed 

関連記事